プロ野球・優勝、日本一の回数ランキング!監督の優勝回数ランキングも

昨シーズンは巨人とソフトバンクがリーグ優勝し、ソフトバンクが日本一に輝きました。

毎年各球団がリーグ優勝&日本一を目指して戦うのが日本のプロ野球ですが、今までで一番多く優勝と日本一に輝いた球団はどこなのでしょうか?

今回は各球団のリーグ優勝のランキングと日本一回数ランキング、さらに監督の優勝回数ランキングをまとめてご紹介します!

↓こちらの記事も読まれています↓

プロ野球 各球団のリーグ優勝・日本一の回数ランキング

それでは、各球団のリーグ優勝・日本一の回数を各リーグでランキングにして見てみましょう!

セリーグ

球団優勝日本一
読売ジャイアンツ3822
広島東洋カープ93
中日ドラゴンズ92
東京ヤクルトスワローズ75
阪神タイガース51
横浜DeNAベイスターズ22

パリーグ

球団優勝日本一
埼玉西武ライオンズ2313
福岡ソフトバンクホークス1911
オリックスバッファローズ124
北海道日本ハムファイターズ73
千葉ロッテマリーンズ54
東北楽天ゴールデンイーグルス11

優勝・日本一ともに読売ジャイアンツがNo.1!

セリーグ、パリーグ合わせて、No.1は優勝37回・日本一22回の読売ジャイアンツでした!

ジャイアンツは球団創設が1934年と最も歴史が深い球団であり、通称「V9」と呼ばれる9年連続リーグ優勝&日本一なども大きく数字を高めた要因でしょう。

No.2はパリーグ最多の優勝23回・日本一18回の埼玉西武ライオンズです!

森監督時代のリーグ5連覇&日本シリーズ3連覇など華々しい記録があります。

日本一が最も少ないのは楽天・阪神 楽天は優勝回数も最少

日本一に輝いた回数が最も少ないのは楽天ゴールデンイーグルスと阪神タイガースの1回です。

私は東北出身なので、楽天が初めて優勝した時のことはとてもよく覚えています。震災から3年経っても影響が残り暗くなりがちだった東北に、非常に明るいニュースを届けてくれたことに感謝しています。

楽天は球団創設が2004年と、まだ新しい球団であり、リーグ優勝も1回のため仕方がないことかもしれませんが、阪神は球団創設が1935年と巨人に次いで歴史が深い球団であるにも関わらず優勝5回・日本一1回というのは少なく思いますね。

歴代監督 優勝&日本一ランキング

それでは、日本プロ野球の歴代監督の優勝&日本一ランキングTOP10を見ていきましょう!

順位監督名優勝日本一
1川上 哲治1111
2鶴岡 一人112
3水原 茂95
4藤本 定義90
5 森 祇晶86
6原 辰徳83
7西本 幸雄80
8三原 脩64
9上田 利治53
10長嶋 茂雄52

優勝回数・日本一ともにNo.1は川上哲治監督でした!

「打撃の神様」「プロ野球界の生き神様」と呼ばれた監督であり、巨人V9を達成した監督でありました。戦前・戦後には選手としても活躍し、史上初の2000本安打を達成したことで有名です。

No.2は鶴岡一人監督です!

監督として通算1773勝を挙げた実績から、プロ野球史上最多勝監督としても知られています。勝率は.609で、歴代監督の中でも唯一の6割越えを記録しています。

また、現役の監督ではNo.6に原辰徳監督がランクイン!

ON時代後の巨人を支えた「永遠の若大将」。2019年からは3度目の巨人監督に就任されています。今後もリーグ優勝・日本一記録を伸ばして上位にランクインされることを願っています!

まとめ:優勝回数最多は常勝軍団・巨人

プロ野球各球団の優勝・日本一回数とそのランキング、歴代監督の優勝・日本一回数ランキングについては以上です。

回数だけで見てみると、やはり歴史の深い球団は有利なのかと思いきやそんなこともなく、面白い結果だったかなと思います!

また、勢いのある時代が長かった球団は比較的優勝回数を増やしやすい印象です。

今後のプロ野球界の勢力図の変化によって、数十年後には全然違うランキングになっているかもしれないですね!

監督優勝回数ランキングにも、現役の監督がランクインしてくることもあるかもしれません。

今後どうなっていくのか、楽しみですね!

↓こちらの記事も読まれています↓