阪神・糸井嘉男は伝説の天然男!?もはや宇宙人級のエピソードまとめ

「野球界の珍獣」と呼ばれる阪神・糸井嘉男選手ですが、天然度合が半端ないと話題です!

今回は糸井嘉男選手の天然エピソードをまとめてみました!

糸井嘉男のプロフィール

出身:京都府与謝郡岩滝町

生年月日:1981年7月31日

身長・体重:188cm/92kg

ポジション:外野手

投打:右投左打

背番号:7

出身大学:近畿大学

2003年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに自由獲得枠で入団

投手として入団するが2005年に外野手にコンバートし一軍に定着。

日本を代表する5ツールプレイヤーで、2009年から2014年にかけて史上初の「6年連続打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞受賞」を達成し、コンバートにより成功した選手として知られています。

2013年オフにトレードでオリックスバファローズに移籍。

2016年オフにFA権を行使して阪神タイガースに移籍し、現在に至ります。

糸井嘉男 伝説の天然エピソード

それでは糸井嘉男選手の宇宙人級天然エピソードをまとめていきます!

ミスをして…

大学時代にミスをしてしまった糸井嘉男選手。

糸井選手を殴ろうとした監督にハイタッチをしたそうです…。

ドラフト指名後に…

ドラフト指名された後の球団との会食が終わり、記者から「どうでしたか?」と質問された糸井選手。

「エビフライでした」と回答しました…。

そうじゃない…。

ヒーローインタビューで…

糸井選手のヒーローインタビューは珍コメントが多いのですが、今回は厳選3エピソードをご紹介します。

  • 首位独走中のヒーローインタビューで「最後まで諦めずに」と追う側のコメント。
  • 「久々のホームの試合、どうでしたか?」と聞かれ「アドレナリン満開でした」と回答。
  • 「(対戦相手の)西武の牧田選手、どうでしたか?」と聞かれ「嫌いです!」と回答。

伝説のベース踏み忘れ事件

左中間を抜けるヒットを放つも一塁のベースを踏み忘れた糸井選手。

途中で気づいて一塁に戻るも、相手守備が混乱し悠々と二塁打に…

↓YouTubeに事件の動画があったので、気になる方は見てみてください!

キャプテンマーク

オリックスバファローズでキャプテンになった際、ユニフォーム袖についたキャプテンマークがついた糸井選手。

記者から「そのキャプテンマークに重みは感じますか?」と質問され「結構軽い素材なんで」と回答。

素材の問題じゃない…。

野球のルールが…

糸井嘉男選手、天然すぎて野球のルールがあやふやなところもあるようです。

  • 野手転向後の初打席、打ってすぐに三塁へ走り出す
  • 「右中間って何ですか?」とスタッフに質問(プロ5年目)。
  • ツーアウトから全力でタッチアップ
  • 守備時、ツーアウト三塁でフライを捕るとホームへ全力のレーザービーム
  • 敬遠された際に代走が送られると思い、打席からそのままベンチに戻る
  • ケガで登録抹消された際、ファンに「早く戻ってきてください」と言われ「5日で戻ります!」と返答。

投手時代

投手時代の天然エピソードも強烈なものがありました。

  • 投球練習でカーブを投げると宣言するも、ロージンを触っている間に忘れて剛速球を投げ込みキャッチャーを激怒させる
  • セットポジションから投げ方がわからなくなりフリーズする

契約更改で…

契約更改の際にハンコを押そうとポケットを探る糸井選手。

取り出したのはリップクリームだったそう…。

外国人選手と…

  • 英語は話せないが、外国人選手とはテレパシーで会話できる
  • 一塁上で外国人選手に「ナイスバッティング」と言われると「ハピネス」と返していた。
  • ブライアン・ウルフ選手と謎の言語で談笑する姿が目撃される。

オールスター初出場

オールスターゲーム初出場が決定した際のインタビュー。

記者から「セ・リーグで話してみたい選手は?」と質問され「え!?自分はセ・リーグのベンチに入るんですか!?」と回答。

打席で…

  • 代打で出場し三球三振。取材陣に「何の球種を待っていたのか?」と聞かれ「ストライクです」と回答。
  • コーチに「何も考えずにバットを振れ」と言われ、「何も考えないってなんだっけ?」と混乱し三振
  • 元投手だが打席では投手の心理が全く分からない

WBC出場後

  • アメリカから帰国後、監督から「時差ボケは大丈夫か?」と聞かれ「そういうのは向こうが合わせるから大丈夫」と回答。
  • 監督が「明日はゆっくりしていいぞ」と言うと戦力外通告と勘違いし焦り始める

♡恋人も友達も探せるマッチングアプリ♡

電光掲示板

各球場で電光掲示板に選手の名前と打率が表示されますよね。

糸井選手は電光掲示板に映る自分の打率を見ると地獄に落ちると思っているそうです。

クビになる?

並外れた糸井選手の打撃センスにコーチが大興奮し「お前の目標は世界の投手を打つことだ」と言ったところ、本人は「俺、日本ハムをクビになるんですか?」と本気で心配したそう…。

レーシック手術

糸井選手は視力1.5なのにレーシック手術を受けて視力2.0になったそうです。

治療したお医者さんは大変困惑されたのだとか…。

ノーコン

投手時代に「ノーコンだな!」と言われた糸井選手。

「濃紺じゃないっすよ!」とアンダーシャツを指さして答えたそうです。

サイン

  • 大学時代「いい球が来ない」という理由でバントのサインを無視
  • 大学時代、ベンチに戻って監督に「何でサインなんて出すんですか?!」と詰問。
  • ファンの「糸井何している!!ベンチを見ろ!!!」というヤジでサインに気づいた

お父さん

リアル野球盤に出演した際に、とんねるず石橋貴明さんから「お父さんは何ですか?」と聞かれ「お父さんいます」と回答。

ちなみに糸井選手のお父さんは元トライアスロン選手、お母さんは元バレーボール選手です。

インフルエンザにかかって…

報知新聞の優勝手記に「インフルエンザにかかったときにもっとうがいをすればよかった」と寄稿。

トレード

日本ハムからオリックスバファローズにトレードされた当日、トレードされたことに気づかず同じくトレードされた八木智哉選手を激励

おにぎり君

ソフトバンク・柳田悠岐選手との会話で…

糸井「西武のおにぎり君もすごいよな」

柳田「おかわり君さんのことですか?」

シーズン途中に優勝が決定し…

シーズン途中で優勝が決定した日の会見でファンに対し「1年間ありがとうございました」とコメント。

周りの選手から「まだ終わっていない」と総ツッコミを食らっていました。

糸井嘉男は天然だけど成績が超人的

かなりぶっ飛んだ天然を発揮している糸井嘉男選手ですが、成績は超人的であることも有名です。

糸井選手は日本を代表する5ツールプレイヤー(打撃・パワー・走力・守備力・送球力)で、投手から野手へのコンバートに成功した選手として有名です。

また、2009年から2014年にかけて史上初の「6年連続打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞受賞」を果たしています。

2015年は故障により全ての記録が途絶えるも、オフに左膝の改善のため自身の血小板を使って組織の修復・再生を図るPRP注射の治療を受け回復。

翌2016年には打率.306・53盗塁を記録し盗塁王を獲得。ゴールデングラブ賞も受賞し完全復活を遂げました。

ベストナインにも5回選出され、年齢を重ねても進化し続ける姿がファンの心を捉えているようです。

まとめ:糸井嘉男は伝説の天然男

糸井嘉男選手の天然エピソードのまとめは以上です。

成績のみならず天然度合も超人的で驚きました。

【関連】糸井嘉男が結婚した嫁さんはどんな人?愛車や自宅・国籍も徹底調査!