【2021】横浜DeNAベイスターズの中継を見る方法まとめ!無料もあり

最近ではプロ野球中継のテレビ放送がめっきり少なくなり、家での野球観戦が十分に出来ない時代になってしまいましたね。

そんな中で今、プロ野球中継をネットで配信するサービスが注目を集めています!

今回はベイスターズ戦の中継をネットで見られる配信サービス6つを徹底解説!

無料で視聴・お試しできるサービスもあるので、ぜひ参考にしてください♪

プロ野球中継をネットで見るメリット

リクエストのリプレー検証

プロ野球中継をネットで見るのは初めてという方は、どんなメリットがあるのか気になる方も多いと思います。

プロ野球中継をネットで見るメリットは5つあります。

1.ネット環境があればどこでも視聴できる

2.試合の開始から終了まで見ることができる

3.見逃し配信で過去の試合を見ることができる

4.テレビ中継されない試合も見ることができる

5.無料で視聴できる期間がある

テレビ中継だと試合が放送されなかったり、開始から終了まで見られないことも多いですよね。

しかしネット中継ではシーズン中ほぼ全ての試合を最初から最後まで視聴でき、さらに見逃し配信に対応しているサービスもあります。

無料で視聴できる期間が設定されているサービスもあるので、自分にあったサービスを比較できるのも良いところです。

横浜戦ネット配信サービス比較表

早速、横浜戦のネット配信サービスを紹介していこうと思いますが、まずは各配信サービスの特徴を比較表でご紹介します!

気になるサービスの名称をクリックすると詳しい紹介を見ることができますので、ぜひ活用してください。

  配信球団 月額(税込) 無料 対応機器 海外視聴
DAZN 広島以外11球団 1,925円 TV、スマホ、PC、PS4
スカパー 全12球団 4,483円 TV、スマホ、PC ×
Paravi 横浜 1,017円 TV、スマホ、PC ×
ニコニコプロ野球チャンネル 横浜 基本無料 スマホ、PC ×
GIANTS LIVE STREAM 巨人、阪神、横浜 1,650円 スマホ、PC ×
J:COM 全12球団 3.148円 × TV、スマホ、PC ×

おすすめはDAZN

ベイスターズ戦の中継をネットで配信している全サービスをご紹介してきましたが、オススメはDAZNです!

今回ご紹介したサービスではニコニコプロ野球チャンネルが基本無料で最安値ですが、回線混雑時は繋がりにくい・画質が悪いといった難点も見受けられます。

また、ベイスターズ主催試合のみ配信のため他球団主催試合は視聴できません。

11球団の主催試合配信のDAZNはほぼ全試合視聴可能なのにスカパーやJ:COMに比べて月額料金が安いです!

私もDAZNを契約していますが、特に遅れや画質が悪いということもなく、見逃し配信も1ヶ月視聴可能。さらにオフシーズンは特番配信があるので満足しています!

広島主催試合は配信されませんが、J SPORTSオンデマンドと一緒に利用すると広島の主催試合も視聴できるので12球団全試合視聴したい方にもオススメです!

ちなみにDAZNとJ SPORTSオンデマンドを併用すると、スカパーやJ:COMより安く12球団の全試合を視聴できます!

また、私がDAZNを選んだもう一つの理由は家族にF1好きがいたこともあります。

DAZNは野球以外にもサッカー・F1・バスケットボール・テニスなどの中継も視聴可能なので、ご家族で他のスポーツが好きな方がいたらまとめて視聴できるので特にオススメです!

1ヶ月の無料視聴期間もあるので、プロ野球中継のネット配信サービスの利用を検討されている方はぜひ一度試してみてください!

↓DAZNの1ヶ月無料体験はこちら↓

DAZN

DAZN(ダゾーン):1ヶ月無料

配信球団 広島以外11球団
対応機器 スマホ、タブレット、PC、TV、ゲーム機(PS4)
料金 1,925円/月(税込)
無料期間 1ヶ月無料
海外視聴 △(ドイツ、オーストリア、スイス、カナダのみ)
備考 docomoユーザーは割引あり

DAZN(ダゾーン)では、広島以外の11球団の主催試合の中継を配信しています。

シーズンはオープン戦から配信がスタートし、2軍戦の中継も視聴できるためプロ野球中継のネット配信サービスの中では最も配信試合数が多いサービスになっています。

料金は月額1,925円(税別)で、1ヶ月無料でお試しができます。

さらにdocomoユーザーはdTV、dTVチャンネル、ひかりTV for docomoとセット利用で割引になるため、他のサービスの利用も考えている方にはオススメです!

DAZN for docomoを詳しく知りたい方はこちら

野球中継以外にも巨人軍のドキュメンタリーや過去の試合が配信されたり、サッカー・テニス・バスケットボール・F1など他のスポーツの配信もあり充実した内容となっています。

また最大6か月間の利用一時停止ができるため、オフシーズンは一時停止しておけば料金がかからないのも特徴です!

最大1ヶ月無料で利用できるので、ネットでプロ野球中継を見たい方は一度試してみてください!

↓DAZNの1ヶ月無料体験はこちら↓

DAZN

スカパー!プロ野球セット:加入月無料

配信球団 12球団全試合
対応機器 スマホ、タブレット、PC、TV
料金 4,483円/月(税込)
無料期間 加入月無料
海外視聴 ×
備考 スマホ、タブレットではアプリが必要

有料デジタル放送のスカパー!に加入し、「プロ野球セット」というプランに申込むことで12球団の全試合が視聴可能です。

基本的にはテレビでの視聴になりますが、スカパーオンデマンドというアプリを使ってスマホやタブレットでもプロ野球中継が見られるようになります!

料金は月額4,480円(基本料429円+プロ野球セット4,054円)で加入月は無料で視聴できます!

CSアンテナが設置されていない場合は取付が必要と手間ですが、設置されている場合は申込後30分で視聴可能です!

プロ野球を全試合余すことなく楽しみたいという方におすすめです!

↓スカパー!お申込はこちら↓

Paravi:2週間無料

配信球団 横浜主催試合
対応機器 スマホ、タブレット、PC、TV
料金 1,017円/月(税込)
無料期間 2週間無料
海外視聴 ×
備考 ドラマ・映画の配信も豊富

Paraviでは横浜主催試合を配信しています。

野球中継以外にTBSやテレビ東京のドラマや映画が視聴でき、さらに毎月もらえるチケットで映画1本無料で視聴できます!

月額1,017円ですが、毎月550円の映画1本無料と考えると実質500円以下で視聴できる計算です。

2週間の無料期間があるので、一度試してみても良いと思います!

→Paraviの2週間無料体験はこちら

ニコニコプロ野球チャンネル:基本無料

配信球団 横浜主催試合
対応機器 スマホ、PC
料金 基本無料
無料期間 なし
海外視聴 ×
備考 ニコニコプレミアム会員 550円/月(税込)

ニコニコプロ野球チャンネルはニコニコ生放送のチャンネルの一つで、横浜主催試合を配信しています。

基本無料で視聴できますが、回線混雑時は画質が悪い・繋がりにくいといったことが多いようです。

また2020年は野球中継以外にプロ野球ファン感謝祭の配信もありました。ファン感謝祭は横浜に加え、西武・ヤクルトのファン感謝祭も中継されています。

→ニコニコプロ野球チャンネルはこちら

GIANTS LIVE STREAM:一部無料あり

配信球団 巨人・阪神・横浜主催試合
対応機器 スマホ、PC
料金 1,650円/月(税込)
無料期間 なし
海外視聴 ×
備考 巨人主催二軍試合も配信

GIANTS LIVE STREAMでは巨人・阪神・横浜主催試合を配信しています。

試合の他にもドキュメンタリーやシーズン感謝祭の見逃し配信、過去の試合やプロ野球熱血情報の配信もあります。

月額1,650円ですが、GIANTS ID会員なら月額1,100円で視聴可能です!

ハイライト動画やインタビュー、プレイバック動画は無料で視聴できるので、気になる方は試してみてください!

→GIANTS LIVE STREAMはこちら

J:COMプロ野球中継:セット契約でお得

配信球団 12球団全試合
対応機器 スマホ、タブレット、PC、TV
料金 3,148円/月(税込)
無料期間 なし
海外視聴 ×
備考 ネット、固定電話、VODとセットでお得

J:COMプロ野球中継では12球団全試合を配信しています。

基本はテレビでの視聴ですがアプリを利用することでスマホ・タブレットでも視聴ができます。

しかしネット、固定電話かVOD見放題とのセットなので、これらのサービスとまとめて契約をしたい方以外にはあまりオススメできません。

→J:COMプロ野球中継を詳しく知りたい方はこちら

まとめ:ベイスターズのネット中継は無料もあり! 

横浜DeNAベイスターズ戦のネット中継配信サービスのまとめは以上です。

それぞれに特徴が違ったので、ご自身に合ったサービスを選んでみてください。

ベイスターズ戦の配信サービスには無料で視聴やお試しができるサービスが複数あったので、気になるサービスは一度試してみて検討するのも良いと思います!